吃音症とどもりの違い - mrm吃音(どもり)改善プログラム【どんなに重度でも克服できる秘密!】

吃音症とどもりの違い

吃音症とどもりの違いについてご存知でしょうか。吃音症とどもりは全く同じ意味として使われていることがほとんどです。昔は言葉がスムーズに出てこない状態をどもりと言いました。しかしこれは差別的な用語だという認識が現われすの結果として吃音という言葉が新たに登場するようになりました。ですから吃音という言葉は比較的最近の言葉ということができます。吃音症には2種類あることをご存知でしょうか。その2種類とは発達性吃音と獲得性吃音というものです。発達性吃音とは2歳〜5歳の頃に発症する吃音のことをいいます。吃音のおよそ90%以上はこの発達性吃音と呼ばれています。そのような発達性吃音は成長するとともにほとんどの場合は消えてゆくようです。もう一つの獲得性吃音というのは、これは、二つのタイプが存在します。一つは脳や中枢神経を損傷することによって出てくるものです。もう一つは強いストレスやトラウマによって生じるものです。この獲得性吃音は十代後半以降に出てくるものと言われています。

mrm吃音カテゴリの最新記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © mrm吃音(どもり)改善プログラム【どんなに重度でも克服できる秘密!】 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。